Contents

注目を集めている大学入試出願スタイル

インターネット出願システムは、インターネットを経由して出願することができる画期的なシステムのことで、導入している大学は増えてきています。さらに出願システムは使い方が分かりやすいため、多くの大学、受験生から注目を集めています。

導入する大学が増えている理由

導入する大学が増えている理由

インターネット出願システムのメリットは様々あり、コストの削減もそのひとつとして挙げられます。例えばシステムを導入することで、インターネット上で願書の確認をすることが可能になります。その為、願書の確認作業を行う人員を少なくすることができますので、人件費の削減に繋がります。

また、インターネット出願システムは、大学側だけでなく受験生にもメリットがあり、受験生の注目も集めています。例えば、紙の願書で提出をする場合、受験生の中には申込受付期間の部分を確認し忘れてしまい、その結果「出願期間を過ぎてしまった」と慌ててしまう場合もあるでしょう。

しかし、インターネット出願システムの場合、インターネットに接続できる機器があれば、24時間いつでも出願を申し込むことができるため、締め切りのギリギリまで出願を受け付けることが可能です。

インターネットを利用した出願の具体的な流れ

インターネットを利用した出願の具体的な流れ

インターネット出願システムを導入した場合、大学と受験生は以下のような流れで出願のやり取りを行います。まず、受験生が大学の出願サイトにアクセスし、必要事項を入力します。

次に確認票などの書類をプリンターで印刷し、その後受験料を支払います。そして、顔写真や調査書などの書類を郵送するまでが受験生が行うことです。大学側はここから受験料の支払いや書類の確認などを終えた後に、受験票を受験生に送ります。

この一連の流れがインターネットを利用した出願の流れであり、インターネット出稿システムは、大学、受験生両方に分かりやすく利用しやすい画期的なシステムといえます。

インターネット出願システムを導入したいとお考えの方は、ぜひ弊社にお任せください。弊社はインターネット出願システムの導入実績があり、これまで培ってきたノウハウを活かしてお客様のお役に立つことができます。資料請求料金に関してのご質問、お試しで導入してみたいという方は、ぜひ一度弊社までお問い合わせください。

アイアース株式会社